プライメックスキャピタル( キャスコ )2010/ 4/15 答弁書1

「プライメックスキャピタル( キャスコ )2010/ 4/15 答弁書1」過払い金計算無料フリーソフト・過払い金計算方法・過払い金返還・過払い金返還請求時効・過払い金ブログ・過払い金利息・過払い金訴訟・借金・債務整理・ローン・消費者金融・融資・モニター

マネーマニア

過払い金返還状況・過払い金返還の実際のケース・過払い金返還シュミレーション・キャスコ 消費者金融・キャスコ 過払い・プライメックスキャピタル過払い・プライメックスキャピタルキャスコ・移送申立意見書

      
名古屋式 無料過払い金計算ソフト 使用方法 ポップアップ動画
【 名古屋式 無料過払い金計算ソフト 入力方法・使用方法 】
大地の会式・外山式も、基本的に入力方法は同じです。
マネーマニア管理人のオリジナル特製動画です!(^▽^)V
                                        
【 名古屋式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 大地の会式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 パソコンにエクセルがインストールされている必要があります 】
【 武富士の取り引き履歴を基に計算し、実際に裁判所に提出したものです(^▽^)V 】
               
無料ダウンロード
【 武富士 取引履歴原本&法定利息引き直し計算書( 過払い金計算書 )PDFファイル 】
【 武富士の取り引き履歴原本( 現物 )4枚と過払い金計算書3枚のPDFファイルです 】
                                                           
2010年04月15日

プライメックスキャピタル( キャスコ )2010/ 4/15 答弁書1




*本日、2010年 4月15日(木)16:00から、

 松山地方裁判所西条支部において、

 第2回口頭弁論が開かれました。

 以下、プライメックスキャピタル( キャスコ )が提出した、

 答弁書です。


 尚、毎度の事ながら、裁判所あてFAX送信されたのが、

 期日前日の2010年 4月14日(水)15:04という、

 まったくの遅さかげんでした。( ̄▽ ̄;




プライメックスキャピタル( キャスコ )答弁書


        答 弁 書

                  平成22年 4月15日


第1 請求の趣旨に対する答弁

1、原告の請求を棄却する。

2、訴訟費用は原告の負担とする。

  との判決を求める。


第2 請求の原因に対する答弁

請求の原因1について

被告が貸金業登録業者であることは認める。

なお、被告において

金銭貸付は、約4年程前に凍結しているものであり

主な業務とする主張趣旨は否認せざるを得ない。


請求の原因2について

原告被告間において金銭消費貸借契約に基づく取引

( 以下「 本件取引 」という )を締結したことは認めるが

本件取引が一連取引であるとする主張につき否認して争う。


請求の原因3について

被告が悪意の受益者であるとする主張につき強く否認して争う。


請求の原因5について

 いずれも争う。


第3 被告の主張

1、不当利得の不成立

本件取引における弁済事実の全てが原告によるものではない。

弁済の一部は

訴外連帯保証人****及び訴外保証人****が

入金したものである。


現時点では、その余の全てを明らかにできないが

連帯保証人からの入金が数多く存在するものと思われる為

今後も調査し、判明次第追って立証する。

従って、仮に不当利得が発生したとしても

原告にすべて帰属するものではない。


2、各基本契約に基づく取引の事実について

原告にあっては、本件取引が恰も一連取引として

充当計算( 当然充当 = 強制充当 )しているが

妥当ではない。


本件取引は、平成14年2月1日から、

平成14年12月27日間の取引

( 以下「 基本契約取引(1)」という。)

平成14年12月27日から平成21年9月7日間の取引

( 以下「 基本契約取引(2)」という。)

の異なる2つの基本取引によって構成されているのであり

正しくは基本契約に基づく取引毎に

計算されるべきものである。

したがって、各基本契約に基づく取引を

利息制限法所定の利率に換算すると

「 基本契約取引(1)」については

過払い金25,286円

「 基本契約取引(2)」については

過払い金1,617,971円となり

原告のいう請求金額など発生しないのである。




山下勝利
               
よりそいホットライン1 よりそいホットライン2 武富士トラスト        武富士トラスト合同会社( Kawa1合同会社 )                                         〒106−0047 東京都港区南麻布2丁目12−3( NTT104に電話番号登録無し )                                    武富士本社自社ビル                          平成4年5月本社ビル新築 〒163−8654東京都新宿区西新宿八丁目15番1号 武富士本社自社ビル   東京都新都庁や東京ドームホテルを手がけた建築家、丹下健三氏の設計という本社ビル。                                                               (画像クリックで拡大) キャスコ大阪本社         平成元年5月本社ビル新築、大阪市中央区淡路町2丁目4番1号                                プライメックスキャピタル(キャスコ)元本社・自社ビル                                       (画像クリックで拡大) キャスコ本社 上山ビル    〒542−0081 大阪市中央区南船場2−1−3 上山ビル3F                                     プライメックスキャピタル(キャスコ)本社(3F)・大阪支店(2F)                                         (画像クリックで拡大) プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社     〒105−0003東京都港区西新橋2−7−4 CJビル9F                              プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社・新橋支店