消費者訴訟資金貸付 訴訟費用貸付 裁判費用貸付

「消費者訴訟資金貸付 訴訟費用貸付 裁判費用貸付」過払い金計算無料フリーソフト・過払い金計算方法・過払い金返還・過払い金返還請求時効・過払い金ブログ・過払い金利息・過払い金訴訟・借金・債務整理・ローン・消費者金融・融資・モニター

マネーマニア

過払い金返還状況・過払い金返還の実際のケース・過払い金返還シュミレーション・キャスコ 消費者金融・キャスコ 過払い・プライメックスキャピタル過払い・プライメックスキャピタルキャスコ・移送申立意見書

      
名古屋式 無料過払い金計算ソフト 使用方法 ポップアップ動画
【 名古屋式 無料過払い金計算ソフト 入力方法・使用方法 】
大地の会式・外山式も、基本的に入力方法は同じです。
マネーマニア管理人のオリジナル特製動画です!(^▽^)V
                                        
【 名古屋式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 大地の会式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 パソコンにエクセルがインストールされている必要があります 】
【 武富士の取り引き履歴を基に計算し、実際に裁判所に提出したものです(^▽^)V 】
               
無料ダウンロード
【 武富士 取引履歴原本&法定利息引き直し計算書( 過払い金計算書 )PDFファイル 】
【 武富士の取り引き履歴原本( 現物 )4枚と過払い金計算書3枚のPDFファイルです 】
                                                           
2010年03月09日

消費者訴訟資金貸付 訴訟費用貸付 裁判費用貸付




【 東京都消費者被害救済委員会 】

【 目 的 】

消費生活総合センター等の相談機関に寄せられた苦情・相談のうち、

都民の消費生活に著しく影響を及ぼし、

又は及ぼすおそれのある紛争について、

東京都消費生活条例に基づき設置された、

知事の付属機関である、

東京都消費者被害救済委員会が、

「 あっせん 」や「 調停 」を行うことにより、

公正かつ速やかな解決を図る。


また、知事は委員会の意見を聴いて、

消費者訴訟に対して訴訟資金の貸付け等の必要な援助を行う。


委員会への紛争処理付託要件29条

1、消費生活総合センター等の相談( 苦情処理 )機関に寄せられた、

  案件であること。

2、都民の消費生活に著しく影響を及ぼし、

  又は及ぼすおそれのある紛争であること。


訴訟援助の要件31条

消費生活上の被害を受けた都民が、

事業者を相手に訴訟を提起するか、

事業者に訴訟を提訴された場合で、次の要件を満たすもの。
( 知事が特に必要と認める場合は、1の要件は不要 )

1、訴訟費用が被害額を超え、又は超えるおそれがあるため、

  自ら訴訟により被害の救済を求めることが困難なこと。

2、同種被害が多数生じ、又は生ずるおそれがあること。

3、委員会の審議に付されていること。

4、3ヶ月以上引き続き都内に住所を有すること。


東京都受付分( 東京都消費生活総合センター )の、

平成14年度における消費生活相談概要

( 主な特徴 )

1、東京都受付相談件数は30,558件、

  役務( サービス )の相談が続伸、

  20代、30代の若い世代からの相談が多い

2、「 不当請求 」に関する相談が前年度の1.3倍

(1)電話情報提供サービスに関する不当請求1,861件

*「 携帯電話で無料の出会い系サイトを利用したら高額の請求がきた 」

 「 使った覚えがないのに、

   ツーショットダイヤル利用の請求メールがきた 」など

(2)国際電話に関する不当請求680件

*「 インターネットを利用中に突然海外につながり、

 国際電話料金を請求された 」など

(3)フリーローン・サラ金に関する不当請求360件

 いわゆる「 ヤミ金融 」に関する相談が前年度の15倍に

 フリーローン・サラ金に関する相談のうち、

 いわゆる「 ヤミ金融 」に関する相談が前年度の15倍に増加している。

*「 全く覚えのない返済請求通知が届いた 」、

 「 1万円が勝手に口座に振り込まれ2万円返せと脅されている 」など


3、「 インターネット 」に関する相談も続伸。5年間で7倍


4、いわゆる「 ヤミ金融 」に関する相談が急増


5、その他「 外国語・会話教室 」「 海外旅行代理 」などの

  倒産に関する相談が増加


【 お問い合わせ先 】

東京都消費生活総合センター 活動推進課消費者被害救済係

TEL 03−3235−4155

TEL 03-3235-4155 ≪ ワンタッチ発信!

FAX 03−3268−1505


【 東京都HP 】
詳細はこちらから


【 東京都消費者被害救済委員会 】
詳細はこちらから


【 大阪府HP 】
詳細はこちらから


【 消費者訴訟資金貸付の申請 】
詳細はこちらから



消費者が商品及び役務等によって受けた被害に関して、

事業者を相手方として訴訟を提起する場合に、

当該訴訟に要する費用に充てる資金を貸付ける。

【 対象 】

・大阪府の区域内に住所を有する者。

・当該訴訟に係る紛争が大阪府消費生活苦情審査会による、

 あっせん又は調停によっては解決できないものであること。

・当該訴訟に係る被害の原因と同一又は同種の原因による被害が多数生じ、

 又は生ずるおそれがあること。

・資金の貸付けをする場合にあっては当該訴訟に要する費用の額が、

 当該訴訟に係る被害金額を超え又は超えるおそれがあること。

・大阪府消費生活苦情審査会により当該援助をすることが、

 適当であると認められたものであること。



消費生活センターに消費者から寄せられた商品及び役務等の、

取引に関する相談苦情のうちセンターにおいて解決困難な事案で、

審査会への付託要件に合致した場合に審査会に付託できる。


【 その他 】

*貸付額

 民事訴訟費用等に関する法律により裁判所に納める費用。

 弁護士の手数料、謝金。

 その他消費者訴訟に要する費用で知事が適当と認めるもの。

*利子 無利子。

*償還 訴訟が終了した日の翌月から起算して、

 6か月以内で知事が定める日。

*大阪府に住所を有する連帯保証人が必要。


申請に必要なもの

費用が不要( 無料 )です。

*申請書

*借用証書

*借受人及び連帯保証人の住民票の写し

*外国人の場合にあっては、

 外国人登録法( 昭和27年法律第125号 )

 第4条の3第2項に規定する登録原票記載事項証明書

*借受人及び連帯保証人の印鑑証明書

*訴訟に要する費用の支払予定額調書

*その他知事が必要と認める書類

*申請書等の様式は大阪府消費者保護条例施行規則に掲載


【 問合せ窓口 】

府民文化部 消費生活センター 事業グループ

〒559−0034

大阪市住之江区南港北2−1−10

ATC( アジア太平洋トレードセンター )ITM棟3階

TEL 06−6612−7500( 相談以外 )

TEL 06-6612-7500 ≪ ワンタッチ発信!

TEL 06−6616−0888( 相談専用 )

TEL 06-6616-0888 ≪ ワンタッチ発信!

FAX 06−6612−0090


【 大阪府消費生活苦情審査委員会 】
詳細はこちらから


知事は、商品及び役務等によって受けた被害に関して、

事業者を相手方として訴訟を提起する場合に、

当該訴訟に要する費用に充てる資金の貸付けを受けた消費者に対し、

特別の理由があると認める時は、

当該貸付けに係る資金の返還債務の、

全部又は一部を免除することができます。


知事が認める特別の理由があるとは、次に掲げる理由とする。

1、借受人が訴訟継続中に死亡し、

  当該訴訟を承継する者がいないこと。

2、借受人が敗訴したこと。

3、借受人が勝訴し、

  又は民事訴訟法第136条第1項の規定により、

  和解した場合において、

  弁済を受けた額が貸付金の額に満たなかったこと。

4、上記に掲げる理由のほか、知事が特に必要があると認めること。


申請に必要なもの

消費者訴訟資金返還債務免除申請書

( 大阪府消費者保護条例施行規則様式第6号 )


【 添付書類 】

1、判決正本の写し

2、その他免除理由となるべき事実を証する書類




★各自治体に条例があると思いますので、

 YAHOO や Google の検索窓に、

 「 消費者訴訟資金貸付 愛媛 」や、

 「 訴訟費用貸付 東京 」や、

 「 裁判費用貸付 大阪 」などと、

 ご自分の居住自治体名を入れて検索を掛けるか、

 自治体のHP( ホームページ )の内部検索窓に、

 「 消費者訴訟資金貸付 」と入力して、

 検索を掛けてみて下さい。


【 大阪府消費者訴訟資金返還債務の免除の申請 】
詳細はこちらから


【 大阪府消費者保護条例施行規則と
  消費者訴訟資金貸付申請書雛形 】
詳細はこちらから


【 消費者訴訟費用貸付申請書( 岐阜県版 )pdf 】
ダウンロード



山下勝利
posted at 14:14
カテゴリー:援助資金
エントリー:消費者訴訟資金貸付 訴訟費用貸付 裁判費用貸付
               
よりそいホットライン1 よりそいホットライン2 武富士トラスト        武富士トラスト合同会社( Kawa1合同会社 )                                         〒106−0047 東京都港区南麻布2丁目12−3( NTT104に電話番号登録無し )                                    武富士本社自社ビル                          平成4年5月本社ビル新築 〒163−8654東京都新宿区西新宿八丁目15番1号 武富士本社自社ビル   東京都新都庁や東京ドームホテルを手がけた建築家、丹下健三氏の設計という本社ビル。                                                               (画像クリックで拡大) キャスコ大阪本社         平成元年5月本社ビル新築、大阪市中央区淡路町2丁目4番1号                                プライメックスキャピタル(キャスコ)元本社・自社ビル                                       (画像クリックで拡大) キャスコ本社 上山ビル    〒542−0081 大阪市中央区南船場2−1−3 上山ビル3F                                     プライメックスキャピタル(キャスコ)本社(3F)・大阪支店(2F)                                         (画像クリックで拡大) プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社     〒105−0003東京都港区西新橋2−7−4 CJビル9F                              プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社・新橋支店                                   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。