多重債務者生活再生のための相談事業と貸付事業

「多重債務者生活再生のための相談事業と貸付事業」過払い金計算無料フリーソフト・過払い金計算方法・過払い金返還・過払い金返還請求時効・過払い金ブログ・過払い金利息・過払い金訴訟・借金・債務整理・ローン・消費者金融・融資・モニター

マネーマニア

過払い金返還状況・過払い金返還の実際のケース・過払い金返還シュミレーション・キャスコ 消費者金融・キャスコ 過払い・プライメックスキャピタル過払い・プライメックスキャピタルキャスコ・移送申立意見書

      
名古屋式 無料過払い金計算ソフト 使用方法 ポップアップ動画
【 名古屋式 無料過払い金計算ソフト 入力方法・使用方法 】
大地の会式・外山式も、基本的に入力方法は同じです。
マネーマニア管理人のオリジナル特製動画です!(^▽^)V
                                        
【 名古屋式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 大地の会式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 パソコンにエクセルがインストールされている必要があります 】
【 武富士の取り引き履歴を基に計算し、実際に裁判所に提出したものです(^▽^)V 】
               
無料ダウンロード
【 武富士 取引履歴原本&法定利息引き直し計算書( 過払い金計算書 )PDFファイル 】
【 武富士の取り引き履歴原本( 現物 )4枚と過払い金計算書3枚のPDFファイルです 】
                                                           
2010年03月02日

多重債務者生活再生のための相談事業と貸付事業




【 一般社団法人 生活サポート基金 】
詳細はこちらから

当法人は、多重債務問題への取り組みの先進地である、

岩手県消費者信用生協からの全面的な業務ノウハウの提供や、

人的派遣などのバックアップと、

東京都内主要の生活協同組合

( パルシステム連合会、生活クラブ生協・東京 )の、

人的資金的支援により、

社会的弱者や多重債務者支援を目的として、

2005年12月に設立されました。


ミッションとしては、

「 安心生活にリメイク 」というフレーズを掲げています。


この意味合いは、経済的問題等により不安を抱えたままの生活を、

余儀なくされている状態から、

少しでも安心感や安堵感が得られるような、

生活にもう一度戻れるような支援をしていくことを、

使命としています。


サラ金といわれた団地・町金融から消費者金融といわれた、

都市型金融への変遷は、消費者信用のヒジネスモデルとして、

今日まで高成長を果たしてきましたが、

一方ではその負の遺産として、

多重債務問題を発生させてきました。

経済問題での自殺が年間約8,000件前後で推移し、

一家離散やまつわる事件は日常茶飯事になっています。

今日的には多重債務問題に加え、格差社会の進展と低収入による、

生活苦が顕著となっています。


私たちは、従来の消費者金融ビジネスに代わるような事業ではなく、

あくまでも個人と向き合ったコミュニティファイナンスに徹し、

そして金融がもつ本来の目的である、

生活の維持向上に役立つような、

事業活動を展開していきたいと考えています。

そして、今後続出が予測されるファイナンスを受けれない方や、

社会的弱者といわれる方々への生活再生のための低利資金の提供、

生活再生への的確な助言とその実行性を担保しうる事業体としての、

構築を目指しています。

この実現によって新たなコミュニティ醸成の、

一助となることを活動の目的としています。


【 事業の概要 】

1、生活相談事業

生活の上での問題は、一人で悩むよりも身近な方の協力が重要です。

相談員も身近な存在として、

一緒になって問題解決までフォローします。


2、東京都生活再生事業

東京都との提携による生活再生のための貸付事業です。

借りられなくなった方に対する、

低利の公的セーフティネット貸付制度です。


3、生活再生資金貸付事業

当基金独自で行う貸付制度で、

東京都制度より金利は高くなりますが、

東京都制度の対象にならない方などに対応しています。

ご融資に当たっての基本的考え方について

★私たちは、融資に当たって次のような考え方をしています。

1、安堵感ある暮らしを取り戻すために、

  相談員と共に一緒にその道筋を考えます。

2、その暮らしは、基本的にはご家族全員の理解と協力によって、

  実現すると考えています。

3、融資の基本的スタンスは、

  マイクロファイナンスの考え方を取り入れています。


★ご相談から融資申し込みまでのプロセス

フロー(1)

生活再生のための道筋を立てるポイントとしては、

生活にかかるご自身の収支の改善を実行していく必要があります。

フロー(2)

改善する項目としては、2つしかなく、収入を増やすか、

支出を減らすしかありません。

一般的に現状のままで、融資を受けたとしても、

返済不能な過剰な債務を負ってしまう危険性があります。

フロー(3)

まず、この時点でご自身の家計表を作成していただきます。

ご自身で作成した家計表について、相談員と共により正確に、

家計項目をチェックし、そしてサポート基金でデータ分析する中で、

問題点や課題を一緒に考えます。

フロー(4)

家計全体という立場からご家族を含めて、

問題点や課題について改善の実行が可能な目標を、

設定していただきます。

そして、改善前と改善後の家計のシュミレーションを、

比較してみます。

フロー(5)

融資をすることによって、

家計の改善の実行性が高いと判断された場合は、

融資の申し込みをしていただきます。


マイクロファイナンスとは一般的に、

「 担保となるような資産をもたず、

金融サービスから排除された貧困層や低所得者に対して、

小規模の無担保融資や貯蓄、保険、送金などの、

金融サービスを提供し、彼らが貧困から脱脚して

自立することを目指す金融 」である。

 ( 北海道大学公共政策大学院教授 管 正広氏文献より )


4、「 個人再生ファンド 」の募集

多重債務者への生活再生資金の融資を行うための資金原資として、

個人再生ファンドの募集を行います。

生活サポート基金は損益を無視した慈善事業ではありません。

事業としての成立を前提とした、

「 市民による市民のための救済支援事業 」なのです。

そのために個人再生ファンドの募集そして、

多重債務者に対する生活再生のための、

貸付事業に取り組みます。



【 東京都多重債務者生活再生事業 】
詳細はこちらから

〜多重債務者生活再生のための相談事業と貸付事業〜

当基金は、東京都と提携して、

東京都多重債務再生事業を受託しています。

事業の概要は次の通りです。

1 事業名   

  多重債務者生活再生事業

2 事業目的  

  多重債務で生活困難な状況にある方のうち、

  融資を受けての自力再生を希望し、

  かつ返済が可能と判断される方に対して、

  生活相談を実施の上で資金を貸し付け、生活の再生を支援する。

3 実施主体  

  社会福祉法人東京都社会福祉協議会が東京都の補助を受けて、

  基金を設置し、これを運用し、

  民間事業者( 中央労働金庫、生活サポート基金 )の、

  ノウハウを活用して実施する。

4 貸付条件など 

【 お申し込みいただける方 】

・現在債務整理中または債務整理が終わった方

・東京都内に1年以上住所を有する方

・勤続年数が1年以上の方

・課税所得が600万円以下の方

   ( 5人以上の世帯は人数の加算あり )

【 貸付対象資金 】

・債務整理中や整理後における生活再生資金

・個人再生や自己破産の手続きを行う際に、

 一時的に必要となる資金 等

・債務の借換資金 ( 各種要件あり )


 ( 対象外資金 ) ・事業用資金


【 貸付限度額 】  ・300万円

【 貸付利率 】   ・年3.5%

【 連帯保証人 】  ・原則として1名以上 ( 原則ご家族 )

【 返済期間 】   ・7年以内

【 遅延損害金利率 】・14.5%


5 申込方法

電話で相談の予約をしていただきます。

【 申込先 】

東京都生活再生相談窓口
( 生活サポート基金内 )

〒104−0061

東京都中央区銀座4−14−11 七十七ビル3階

TEL 03−5565−1195

TEL 03-5565-1195 ≪ ワンタッチ発信!

【 受付時間 】

月曜日〜金曜日 9:30〜18:00まで


【 東京都生活相談窓口専用ホームページ 】
詳細はこちらから



山下勝利
posted at 12:39
カテゴリー:援助資金
エントリー:多重債務者生活再生のための相談事業と貸付事業
               
よりそいホットライン1 よりそいホットライン2 武富士トラスト        武富士トラスト合同会社( Kawa1合同会社 )                                         〒106−0047 東京都港区南麻布2丁目12−3( NTT104に電話番号登録無し )                                    武富士本社自社ビル                          平成4年5月本社ビル新築 〒163−8654東京都新宿区西新宿八丁目15番1号 武富士本社自社ビル   東京都新都庁や東京ドームホテルを手がけた建築家、丹下健三氏の設計という本社ビル。                                                               (画像クリックで拡大) キャスコ大阪本社         平成元年5月本社ビル新築、大阪市中央区淡路町2丁目4番1号                                プライメックスキャピタル(キャスコ)元本社・自社ビル                                       (画像クリックで拡大) キャスコ本社 上山ビル    〒542−0081 大阪市中央区南船場2−1−3 上山ビル3F                                     プライメックスキャピタル(キャスコ)本社(3F)・大阪支店(2F)                                         (画像クリックで拡大) プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社     〒105−0003東京都港区西新橋2−7−4 CJビル9F                              プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社・新橋支店                                   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。