プライメックスキャピタル( キャスコ )勘定系コンピューターシステム

「プライメックスキャピタル( キャスコ )勘定系コンピューターシステム」過払い金計算無料フリーソフト・過払い金計算方法・過払い金返還・過払い金返還請求時効・過払い金ブログ・過払い金利息・過払い金訴訟・借金・債務整理・ローン・消費者金融・融資・モニター

マネーマニア

過払い金返還状況・過払い金返還の実際のケース・過払い金返還シュミレーション・キャスコ 消費者金融・キャスコ 過払い・プライメックスキャピタル過払い・プライメックスキャピタルキャスコ・移送申立意見書

      
名古屋式 無料過払い金計算ソフト 使用方法 ポップアップ動画
【 名古屋式 無料過払い金計算ソフト 入力方法・使用方法 】
大地の会式・外山式も、基本的に入力方法は同じです。
マネーマニア管理人のオリジナル特製動画です!(^▽^)V
                                        
【 名古屋式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 大地の会式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 パソコンにエクセルがインストールされている必要があります 】
【 武富士の取り引き履歴を基に計算し、実際に裁判所に提出したものです(^▽^)V 】
               
無料ダウンロード
【 武富士 取引履歴原本&法定利息引き直し計算書( 過払い金計算書 )PDFファイル 】
【 武富士の取り引き履歴原本( 現物 )4枚と過払い金計算書3枚のPDFファイルです 】
                                                           
2010年02月19日

プライメックスキャピタル( キャスコ )勘定系コンピューターシステム



プライメックスキャピタル( キャスコ )の、

勘定系コンピューターシステムは、

サンマイクロシステムのようですね。



大阪市中央区に本社を置く株式会社キャスコは、

ニーズに即した個人向け無担保無保証の小口融資ならびに、

有保証の融資を業務として1962年に創業。

関西と関東を中心として全国に幅広く店舗を展開しています。

1999年に、新たな戦略として無人のサテライト店舗を相次いで開設。

2002年には、インターネット支店

「 Casco4U( キャスコ・フォーユー )」をオープンし、

積極的な経営展開を行っています。


しかし、現在の長期デフレ不況は、

キャスコに代表される中堅の企業にとっても強い逆風となり、

コスト体質のさらなる改善と競争力の強化を、

解決すべき急務の課題として浮上させています。

こうした課題克服の一環として、同社は2002年6月、

金融ビジネスの核である勘定系システムを、

IBM社のメインフレームからUNIX−Rベースの、

オープン・システム環境にリプレースすることを決定。

システム策定テストを経て、Sun Fire 4800を中心とするシステムを、

2003年1月より稼動させました。



CTCは、(株)アクセス( 以下、アクセス )、

サン・マイクロシステムズ(株)( 以下、Sun )と共同で、

メインフレームによって稼働していた(株)キャスコ

( 以下、キャスコ )の勘定系システムを、

6ヶ月間という短期間でUNIXベースのオープンシステム環境に、

移行しました。

これによりキャスコでは、

業務の処理能力が平均2倍以上に向上するとともに、

機器の保守・管理コストの約50%削減を実現しました。


キャスコは、大阪に本社を置く消費者金融会社です。

全国48の有人店舗と、自動契約受付機「 受付じょうず 」を設置した、

無人店舗109店を有しています。

また最近では多様化する顧客ニーズに対応するため、

リクルートローン、教育ローン、医療ローン、ブライダルローンなどの、

目的別サービスを展開しています。

これまでキャスコでは、これらのサービスの貸付や返済といった、

入出金などの業務処理を、メインフレーム環境の勘定系システムにより、

行なっていました。


メインフレームとは、企業の会計や人事、販売管理や生産管理などの、

基幹業務を処理するシステムとして世界中で多くの企業に採用されている、

大型コンピュータです。

しかし最近では、ソフトウェアのライセンス料や、

ハードウエアの運用コストが高く、

インターネットへの対応が困難なことから、

基幹業務をUNIXサーバを中心としたオープンシステム環境に、

移行する企業が増えています。

こうした中、キャスコでは、より迅速なサービス展開を図るため、

処理能力やシステムの拡張性、さらにコストパフォーマンスに優れた、

オープン環境への移行を決断しました。

システム移行のためのプロジェクトは、CTCの、

リホスティング検証開発施設、

「 CTCエンタープライズシステムセンター( ESC )」を中心に、

行なわれました。

また、メインフレームからオープン環境に移行するためのツールとして、

SUNのリホスティングソフトウェア

「 Sun Mainframe Transaction Processing( MTP )」、

「 Sun Mainframe Batch Manager( MBM )」が採用されました。


CTCではこうした環境の中、メインフレームに代わるUNIXサーバの、

サイジングやシステム構築、信頼性を確保するための冗長化テスト、

「 Sun MTP 」「 Sun MBM 」の周辺機能の検証・開発、

さらに運用設計・運用システムの開発を担当しました。


【 伊藤忠テクノサイエンス 第24期事業報告 】
ダウンロード




*このシステムのサーバー等を強制執行で差し押さえると、

 システムとしては稼動できなくなり、

 かなり営業に支障をきたすのではないかなと思います。


 いやがらせ的強制執行としては、キャスコ本店支店の電話を、

 差し押さえるのも有りかと。(⌒▽⌒)ノ

 200万円の判決なら100台くらいは差し押さえできるしね。




山下勝利
               
よりそいホットライン1 よりそいホットライン2 武富士トラスト        武富士トラスト合同会社( Kawa1合同会社 )                                         〒106−0047 東京都港区南麻布2丁目12−3( NTT104に電話番号登録無し )                                    武富士本社自社ビル                          平成4年5月本社ビル新築 〒163−8654東京都新宿区西新宿八丁目15番1号 武富士本社自社ビル   東京都新都庁や東京ドームホテルを手がけた建築家、丹下健三氏の設計という本社ビル。                                                               (画像クリックで拡大) キャスコ大阪本社         平成元年5月本社ビル新築、大阪市中央区淡路町2丁目4番1号                                プライメックスキャピタル(キャスコ)元本社・自社ビル                                       (画像クリックで拡大) キャスコ本社 上山ビル    〒542−0081 大阪市中央区南船場2−1−3 上山ビル3F                                     プライメックスキャピタル(キャスコ)本社(3F)・大阪支店(2F)                                         (画像クリックで拡大) プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社     〒105−0003東京都港区西新橋2−7−4 CJビル9F                              プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社・新橋支店                                   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。