プライメックスキャピタル( キャスコ )

「プライメックスキャピタル( キャスコ )」過払い金計算無料フリーソフト・過払い金計算方法・過払い金返還・過払い金返還請求時効・過払い金ブログ・過払い金利息・過払い金訴訟・借金・債務整理・ローン・消費者金融・融資・モニター

マネーマニア

過払い金返還状況・過払い金返還の実際のケース・過払い金返還シュミレーション・キャスコ 消費者金融・キャスコ 過払い・プライメックスキャピタル過払い・プライメックスキャピタルキャスコ・移送申立意見書

      
名古屋式 無料過払い金計算ソフト 使用方法 ポップアップ動画
【 名古屋式 無料過払い金計算ソフト 入力方法・使用方法 】
大地の会式・外山式も、基本的に入力方法は同じです。
マネーマニア管理人のオリジナル特製動画です!(^▽^)V
                                        
【 名古屋式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 大地の会式 武富士 過払い金計算見本 無料ダウンロード 】
無料ダウンロード
【 パソコンにエクセルがインストールされている必要があります 】
【 武富士の取り引き履歴を基に計算し、実際に裁判所に提出したものです(^▽^)V 】
               
無料ダウンロード
【 武富士 取引履歴原本&法定利息引き直し計算書( 過払い金計算書 )PDFファイル 】
【 武富士の取り引き履歴原本( 現物 )4枚と過払い金計算書3枚のPDFファイルです 】
                                                           
2010年02月07日

プライメックスキャピタル( キャスコ )




キャスコという会社

株式会社キャスコは、2009年2月1日に、

株式会社プライメックスキャピタルに社名を変更している。


過払い金を請求しても、2割に減額するよう言ってくるし、

判決をとられても、支払いをしようとしない。


裁判所で70万円支払う内容で和解したのに、

支払期日になると21万円にまけてくれ、と平気で言ってくる。

そんな会社だ。


キャスコの親会社は転々

キャスコの現在の親会社はオックスホールディングだが、

親会社は転々としている。


2005年、当時大株主であったオリックスがその保有する、

旧キャスコの株式全て( 全体の74%相当 )を、

ジャスダック上場企業フォーサイトに111億円で売却した。


しかし、キャスコは過払い請求の激化、貸倒の増加もあって、

業績は悪化。

フォーサイトは06年12月、ヘッジファンドのGRG社に、

自分が有するキャスコ株式の大部分( 全体の49.58% )を

たった1億円で売却した。

キャスコの株の価値はわずか1年で、

100分の1近くに下落してしまったことになる。


その後キャスコに救いの手を差し伸べたのが、

ヘラクレス( 大証 )上場のオックスホールディングスだった。

オックス社は、07年2月、当時20億円近い累積損失を抱えていたが、

GRG社に10億円を出資し、キャスコに役員3人を送り込み、

再建を図った。


しかし結果は大失敗に終わる。

GRGは08年9月にキャスコ株を5億4500万円で他に売却、

( 売却先は Wellsprings Investments Cooperattieved UA

  本社はオランダ・アムステルダム )

GRGはキャスコの株以外に資産のない会社のため、

10億円を資金援助していたオックスは、

4億3200万円の特損を計上したという。


GRGは、キャスコ株を、06年12月に1億円で購入、

08年9月に5.45億円で売却しており、

一見4.45億円の利益が出たようにみえるが、

オックス社から10億円出資してもらって、

それを全部キャスコに注ぎ込んで、この結果だから、

2年間で、1億円+10億円−5.45億円=5.55億円の企業価値が

減損したことになる。


ちなみに、オックス社株は、

平成4年には25万円という高値をつけていたが、

株価は下落を続けた。

決算も出せない状態になり、今年の3月6日に、

大阪証券取引所の決定で上場廃止となり、

本社も新橋の山田屋といううどん屋のビルの4階に移った。

キャスコが原因で社運を傾けてしまったことになる。


追記:プライメックスの東京支社に行ってみた

プライメックスの東京支社が新橋にある。

場所は日比谷通りと烏森通りの交差点に面したところで、

新橋周辺では一等地だ。

ビルも雑居ビルではなく、ワンフロア100坪ほどの立派なビルだ。

そのワンフロアを借りている。

エレベーターを降りると、目の前にキャスコの店舗。

懐かしい「 キャスコ 」の文字が自動ドア上に大きくプリントしてある。

自動ドア上にタッチ式の「 開ける 」のパネルがあるので

押して見たが、開かない。

中をのぞいてみるが人はおらず、貸出はしていない。

ガラス式の自動ドアの横に、普通のオフィスの入り口があり、

そこにプライメックスキャピタルのカンバンがあった。

そこに入り、担当者を呼び出すと、事務員が出てきて、応接室に通される。

人の声はせず、実際中で勤めている人数は少ないようだ。

しかしそれだったら何でこのだだっ広くワンフロアも借りているのだろう。

不思議でならない。

担当者が出てくる。

例によっては、うちはリストラをしてと泣き落としにかかってくる。

おいおいちょっと待てよ。

こんな立派なビルに入居していてその言葉を信じろという方が無理だろう。

負けてください、というが、具体的にいくらにまけろとは言わない。

「 会社がつぶれそうだというから、どんなボロいビルに入っているかと思ったら、

随分立派なビルに入ってるじゃない。」

「 こんなところの家賃払うくらいなら、もっと小さな雑居ビルに移って、

浮いた家賃でこっちの過払い金払ってくれ。」

「 お宅に出資した10億円援助したオックスホールディングは、

今どうなっていると思います。

今新橋のうどん屋のビルの4階に住んでいるんですよ。

逆じゃないですか。」と、まぁまぁ四方山話をして帰った。

訴訟してもとれないという話も聞くが、やっぱり、ここは訴訟かな。(09/29/17)

2009-08-20 16:39  

山田冬樹弁護士のブログ「 馬上行動 山田冬樹の部屋 」より引用。
http://d.hatena.ne.jp/
yamada-home/20090820/1250753984



*ちなみに、プライメックスキャピタル( キャスコ )は、

 よほど経営状態が悪いのか、

 「 会社の経営状態が苦しいので、過払い金請求額の約1割、

   17万円でこらえてもらえませんか。」

   との電話が2010年1月26日に、私の自宅あてにあった。

   やはり、噂されているようにプライメックスキャピタル( キャスコ )

   は、倒産寸前なのかも知れない。

   そうであれば、プライメックスキャピタル( キャスコ )の、

   破産申し立ても視野に入れた、裁判闘争も覚悟しなければならない。


〒105−0003

東京都港区西新橋2−7−4 CJビル9F

プライメックスキャピタル( キャスコ )東京支社・新橋支店


山下勝利
posted at 21:08
カテゴリー:過払い金
エントリー:プライメックスキャピタル( キャスコ )
               
よりそいホットライン1 よりそいホットライン2 武富士トラスト        武富士トラスト合同会社( Kawa1合同会社 )                                         〒106−0047 東京都港区南麻布2丁目12−3( NTT104に電話番号登録無し )                                    武富士本社自社ビル                          平成4年5月本社ビル新築 〒163−8654東京都新宿区西新宿八丁目15番1号 武富士本社自社ビル   東京都新都庁や東京ドームホテルを手がけた建築家、丹下健三氏の設計という本社ビル。                                                               (画像クリックで拡大) キャスコ大阪本社         平成元年5月本社ビル新築、大阪市中央区淡路町2丁目4番1号                                プライメックスキャピタル(キャスコ)元本社・自社ビル                                       (画像クリックで拡大) キャスコ本社 上山ビル    〒542−0081 大阪市中央区南船場2−1−3 上山ビル3F                                     プライメックスキャピタル(キャスコ)本社(3F)・大阪支店(2F)                                         (画像クリックで拡大) プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社     〒105−0003東京都港区西新橋2−7−4 CJビル9F                              プライメックスキャピタル(キャスコ)東京支社・新橋支店